HOME>オーストラリア旅行記>2007年の旅>食事について

オーストラリア旅行記 2007年の旅

食事について

旅の楽しみのひとつと言えば、やっぱりお食事ですよね。私は食べるのが大好きなので、旅行すると毎回食事に関するページを作ってしまいます。
今回の旅でも、ほぼ全部の食事を撮影してきましたので、みなさんがケアンズに行かれるときの参考になれば、と思います。

朝食

朝食はスーパーでパンとチーズを買って毎朝それを食べていました。
初日はヨーグルトもあってちょっぴり豪華。
他には2リットル入りの水を買って、紅茶やお茶を飲んでました。

【おこづかいメモ:朝食2人×4日間分】

クロワッサン 10個入りでA$3
チーズ(スライスされてます)150g入り A$4.7
グレープフルーツ 1個 A$1.9
ヨーグルト 2個 A$2.7
ピザパン 1個 A$1.7

ピザパン
初日は暖かいピザパンを買ってきて半分こしました。結構おなかいっぱい。
クロワッサンとチーズ
二日目からはこんな感じ。
機内食についてたバターを塗ったクロワッサンにチーズをはさんでできあがり。

ページ上部へ

昼食

昼食はブランチになったりしました。

Sちゃんの希望でやっぱりFish and cips食べてきました。
しか~し!今まで食べた中では一番美味しくなかった。。
いや、好みの問題なのかもしれませんが、衣がアメリカンドックみたいな味だったんです。私は今まで何回もFish and cips食べてますが、そんなのは初めて。やっぱ普通の衣がうまい!

フィッシュアンドチップス
A$14.5
高い!と思ったけど、お魚2つ入っていたのでSちゃんと半分こ。1人A$7.25になりました。
グリーン島のキャノピーグリルにて。
アメリカンドック風の衣好きには良い感じ。

ハンバーガー
A$14.5
同じくグリーン島のキャノピーグリルにて。
こちらも半分こしました。
そして結構おいしかったです。私はこっちの方がおすすめ。

ヘリテージマーケット内のカフェ
A$7
キュランダのヘリテージマーケット内のカフェ?
こーゆーセットではなく、ソーセージとポテトと玉ねぎください、と頼みました。

カンタスの機内食
A$??
カンタスの機内食。もう?!って感じですが、ブランチになった日もあったので、現地での昼食は3回だけでした。

キュランダのランチ

メインストリート(しかないような小さな町ですが)にカフェやレストランがたくさんあります。
ですが、駅から町の中心部(まで徒歩15分程度の小さな町ですが)まで無料のバスが出ていたので、それに乗って一気に中心部に行ってしまいました。
で、バス停のすぐそばにヘリテージマーケットがあって、その中を進んでいったらカフェがあったのでそこでお食事しました。

最初に玉ねぎが目に入って、すぐ横にソーセージがあったからセットなのかと思って注文したらそれ一本のみだったので、じゃぁ玉ねぎも。あと、ポテトも食べたいな。って言う行き当たりばったりな注文をしてしまいました。ちなみに、そんなことが出来たのも、日本人スタッフがいたからです^^;
外人さんの店員さん(結構格好良かった)は、え?って感じだったけど嫌な顔はせず、いくらになるか計算してくれました。普通に一個ずつ買ったら高いからセット料金っぽくしてくれたみたいです。
ありがたや。。

ページ上部へ

夕食

今回は1回だけリッチな夕食を、って話していたのに、流れで結構豪華な食事を何回もしちゃいました。

私もSちゃんもお酒はあまり飲まないので、食事の横にはいつもソフトドリンク。こーゆー時は飲めたらもっと楽しいんだろうなぁって思います。

初日:oliversにて

前菜 カルパッチョ

メイン:ビーフフィレメイン:ワイルドポーク

A$43.20
spenceストリートにあるoliversにて。18:15分までに入ると2割引だったのでこの額は2割引いたあとの金額です。日本語スタッフがいて、日本語メニューもありました。
フランス人のオーナーだそうで、全体にフレンチっぽい創作料理。
前菜はレッドエンペラーと呼ばれる鯛のカルパッチョ。メインは私がフィレ肉、Sちゃんはワイルドポーク。
写真だとわかりにくいですが、私のは3切れあったので食べきれず1切れ残しちゃいました。美味しかったから悔しい。結構量があるので、前菜2品にメイン1品を半分こで良かったかなと思いました。

【ケアンズのレストランについて】

エスプラネードストリートなど、メインストリートにはいっぱいレストランがあります。
18時までに入ると割引など、早めに食べるとお得なサービスをやっているお店も多いようでした。
それから日本語スタッフがいるお店もたくさんあるし、日本語メニューがないお店の方がすくないのでは?と言う感じでした。

なので、ツアーの高いミールクーポンとか買わなくても全然問題なくお食事できちゃいます。
お店探したりするのが面倒くさいならしかたないですが、通りかかった雰囲気の良いお店にふらっと入って美味しい物に出会うのも、旅のひとつの楽しみですからね♪

2日目:グリーン島にて

fish of the day(白身魚)

チキンのロースト小さいケーキ

A$34.75
私は前日にお肉を食べたので、この日はお魚fish of the day(今日の魚料理)を選びました。
Sちゃんはとり肉。ひとくち食べさせてもらいましたが、こっちの方が好きだったかなぁ。お魚もおいしかったですが。あと、スターターでパンをたのみました。これが柔らかくて、味がついたバターも美味でした。
しかし、やっぱりお腹がいっぱいになって残しちゃいました。もったいない。。
でも、帰り際に全員に小さいケーキを配っていたので、お部屋でデザートとしていただきました。

【グリーン島のレストラン】

昼間はキャノピーグリルでハンバーガーなどの軽食が食べられたり、バイキングをやっているお店も開いているのですが
夜になるとエメラルドレストランしか開いていないようです。

グリーン島のホテルには日本語スタッフが数人いるのですが、レストランにはいないみたいで、英語で注文する必要がありました。
なので、魚が食べたかった私はとりあえず「fish of thd day(本日の魚料理)」は何か聞いてみた物の、ちょろっとしか理解出来ず、どうも白身の魚になにやらいろいろあるらしい、と言う程度で注文してみました。
実際に来たお料理はやっぱりそんな感じで、お魚の下はサラダ風。苦手な生玉ねぎがつらかったですが、お味は良かったです。

それから写真だとパンみたいですがSちゃんはとり肉料理を選んでいました。私はこっちの方が好きでした!ネットで見ると、ここのレストランは「激マズ」とか書いてあったりもしますが、私たちが頼んだ物はどちらも美味しかったです。
ただ、メニューにパスタっぽいものもあったんですが、それと思われるものを隣の人が食べていて、あんまり美味しそうではなかったかなぁ。物によるんだと思うので、無難そうなものを選ぶと良いと思います。

ちなみに、英語で注文するのが難しいと感じる場合は、「シーフードの盛り合わせ」は予約が必要で、日本人スタッフに頼むことが出来ますのでそちらがおすすめです。シーフードなら失敗もなさそうな感じですしね。

3日目:ナイトマーケットのフードコートにて

盛り放題

A$11.90(半分こして一人A$5.95)
お皿に盛り放題だったのですが、やはり味がまざらないように、とか思うとこの程度になりました。これを半分こしたらちょっと足りない感じだったかな。チャーハンと焼きそば、春雨、唐揚げ、野菜炒め、海老のフリッター、どれも「っぽい」ものが乗ってます。

【フードコートについて】

ケアンズの特徴か、それともこの2年で変わったのかは不明ですが、シドニーでは1皿にライスorヌードル+おかず3品で$7とかでしたが、ケアンズでは、何でも盛り放題。
バイキングとかビュッフェみたいに書いてあったりしますが、おかわりは出来ません。
下にライスを敷きつめて、最後の方に固まりの肉類をのせるともっとたくさん乗せられそうでした。味は結構美味しいかったです。

他にも、カフェとかスパゲティなんかをやってるところもありましたが、半分はこのスタイルでした。そしてかなりにぎわってます。Sちゃんはフードコート初めてだったので、結構楽しんでもらえたかなと思います。私もこのスタイルは初めてだったので、次は何を盛ろう!と興奮気味でした(笑)

4日目:カフェチャイナにて

サラダ

チャーハン海老シュウマイ

A$21.55
最終日の夜は中華でした。サラダとチャーハンと海老シュウマイ。これを二人で半分こして食べたんですが、チャーハンがボリューム満点!足りなかったら追加すれば良いや、なんて思っていたのに、これでも食べきれないくらいでした。お味はとってもおいしかったです!

最終日:機内にて軽食

半日観光に付いてたランチ
ラストは機内食のうどんです。
19時頃成田に着く予定の飛行機だったので16時くらいに出てきました。結構美味しくて完食。

おまけ:間食のアイスクリーム】

マンゴーとチョコ系アイス
A$3.5
グリーン島で食べたアイスクリーム。
種類は少ないですが泳いだ後はノドが乾いているのでとっても美味しかったです。
私は右側のチョコっぽいのを食べましたがかなり甘い!うまいが甘い。

マンゴーアイス
機内食で出てきたマンゴーアイス。
私はあまりマンゴーが好きではないのですが、これは美味しかった!また食べたい!

良かったら拍手お願いします♪詳しくはこちら

もしも「おもしろかった」とか「なかなか役に立ったぞ」と思っていただけたら、ポチっと押してくださいませ♪更新作業の励みになります(^ ^)

ページ上部へ

Wnize オーストラリア ワーキングホリデー体験記

Copyright © wnize. All Rights Reserved.

【ワーホリ関連】

ワーホリ関連情報 | ワーホリ体験記

【オーストラリア旅行記】

2005年 | 2007年 | 2012年