HOME>オーストラリア旅行記>2012年の旅>シドニー観光4日目

オーストラリア旅行記 2012年の旅

シドニー観光4日目

観光スケジュール
08:00 City to surfのスタート見学 徒歩
10:00 ホテルに戻って朝食 徒歩
11:00 ミセスマックォリーズポイントへ Taxi他
13:00 QVC経由、フィッシュマーケットへ バス
14:00 フィッシュマーケットでランチ  
15:30 ホテルへ戻る バス

City to surfのスタート見学

たまたま観光最終日がシティトゥサーフ、と言うマラソン大会の日でした。
ハイドパークからスタートしてボンダイビーチまで行く、約14km程度のマラソンですが、8万人が参加するビッグイベントでした。
私はマラソンに参加するわけじゃないですが、せっかくなので、スタートを見学することにしました。

8万人が参加するとあって、スタートも5回くらいにわけて行われるようです。1回目は8時スタートで、後は30分間隔で次のグループがスタートします。
記録を目指す人たちは1回目に参加し、後半のグループだと仮装している人も多少ですがいました。

とりあえず、1回目のスタートを見ておこう、と8時少し前にハイドパークに着くようにホテルを出ました。
1回目のスタート地点は、ハイドパーク内を横切るウィリアムストリート(William st)で、びっちり人が並んでいました。

スタート地点
スタート地点

実はマラソンのスタート見学をしたのは初めて。
スタートの合図とともに、一斉にスタート・・・と思いきや、大勢いるから、後ろの人たちはしばらく動けない。
記録狙いの人は先頭5列くらいにいなきゃ無理って感じですね。

そして、みんな着ていたジャージをどんどん脱ぎ捨てて行く!いなくなった後にはすごい量のジャージが残っていました。そして、それをボランティアの方たちが、どんどん片づけて行いきます。8歳くらいの子供からお年寄りまで、たくさんの人が袋片手にキビキビ片づけて行くので、毎回こうなんでしょうね。
初めて見た私はちょっとびっくりしました。

スタートした後はジャージの山
スタートした後はジャージの山

その後、2番目、3番目のスタートはウィリアムストリートを挟んで、カレッジストリート(College St)に並んでいて、順番にスタートして行きました。待っている間も司会の人が何やら話して盛り上げていて、途中歌手が出てきて2曲歌ったりしていました。

お馬の顔アップ

3番目のスタートを見たところで1時間は経過してたので、そろそろ戻ろうかなとハイドパーク内を歩いていると、アーチボルト噴水の辺りに、馬のパトロール隊がいました。
馬のパトロール隊

厳重に警備してるって感じではなく、馬に乗っているのも女性だったので、近くを通った人が気軽に馬と触れあっていました。
動物好きの私は当然、お馬さんを触ってきました♪

ページ上部へ

ホテルに戻って朝食

スタートを観終わったのが9:30ごろ、朝ごはんは食べずに出かけたので、いったんホテルに戻って朝食を取りました。
外で食べても良かったんですが、せっかく無料だし10:30までに入れば良かったので、間に合いました。

いったん部屋に戻って、出かける準備をしながら、どこに行こうかなぁと考えていました。
候補は、パディントンかミセスマックォリーズポイント。
パディントンには日本でも結構有名なビルズがあるから、Sちゃんと行こうかと話していたので、一人で見てこようかしらと思ったんですが、マラソンコースになってそうなので、やめて、ミセスマックォリーズポイントに行くことにしました。

オペラハウスから歩くのは大変すぎる・・・とホテルの入り口からタクシーに乗ることに。
ところが、入口の人も、運ちゃんも、そしてマラソン見てきた私も気がつかなかった落とし穴がっ。
マラソンのため、道が封鎖されていました。。
なんで気がつかなかったんだろう、私・・・。エリザベスストリートに着いた時、運ちゃんが道が封鎖されていること気付き、私も「そりゃそうだっ」と気づき、仕方なく降りようと思ったんですが、焦った運ちゃんの耳に届かず、まぁ良いかと、とりあえずサーキュラキーへ行ってもらうことにしました。

ハイドパークで降りて、バスで行けたんですけどねぇ。もぅ大失敗。サーキュラキーのハングリージャック付近で降りたんですが、ブレーキを踏み始めた時にメーターを見たら$14と出てて、「ゲゲッ」と思いつつ、札を出していたら、止まりきったところではもう$15超えてました。
シドニーのタクシーは初乗りは$3.5くらいらしいんですが、メーターがまわるのが早い!!
$15で釣りはいらないよっと言おうと思っていた私は端数を聞き取り損ねたので、「ふぃふてぃーん?」と残りの額をチェック、すると運ちゃん、申し訳ないと思ったのか、もしくは値切られたと思ったのか、残りは良いよ・・とまけてくれました。

まぁ、本来の目的地であるマックォリーズポイントについてないんだしねぇ。
封鎖されていることを知っているか、抜け道を知ってても良さそうなのに・・・と思っていたので、お言葉に甘えちゃいました。

ページ上部へ

ミセスマックォリーズポイントへ

そんなわけで。まだサーキュラキーです。とりあえずオペラハウス方向に進みつつ、こっちからの行き方を調べていないことに気づきました。
結局、どこから行くんだろう?とウロウロしたあげく、遠回りをしていました。
オペラハウスの前まで行くと、右に行ける道があるのでそこから行けば早かったようです。

オペラハウス前の道
オペラハウス前の道
この時点で11:40

この写真は、遠回りして公園内を通ってオペラハウスの右手に抜けたところに辿り着いて、撮ったものです。本来はオペラハウス手間にある階段から来たら良かったんですよね。。10分くらい無駄に歩きました。
手前にある赤い乗り物は、ボタニックガーデン内を走る有料のトロリー。これに乗っても、ミセスマックォリーズポイントには行けないのが残念っ。右手に歩いて行くとミセスマックォリーズポイントに辿り着きます。

道のりは遠い
道のりは遠い・・・

途中、右を見るとシティのビル群が見えるので、絵葉書で見るような風景が楽しめます。
私のようにすでに疲れている人でも、たくさんベンチがあるので、休み休み進んで行けます。
ベンチは寄贈されたもののようで、それぞれプレートにメッセージが書いてあります。私は3回休憩したんですが、最後に座ったのが'59年に結婚したカップルが記念に寄贈したベンチでした。

腰痛じゃなければ、ささっと通り過ぎたはずの景色ですが、毎年記念日にはここに来たのかなぁ、なんてその老夫婦の歴史を想像しながら見ると、特別な風情ある景色に見えるから不思議です。

オペラハウス寄りの地点から
オペラハウス寄りの地点から
真中まで来た辺り
真中まで来た辺り 12:00くらい
シドニーらしい感じがします
件のベンチ
件のベンチ。ここまできたら後少し!

12:30、約50分掛かってようやくミセスマックォリーズポイントに到着。
絵ハガキなどで見かける、オペラハウスとハーバーブリッジの景色になりました。
腰痛でトボトボ歩きの道中、写真も撮って3回休憩しての所要時間なので、元気な人は30分くらいで着くと思います。

絵ハガキで見かける風景
絵ハガキで見かける風景

あいにくの曇り空で、あまりキレイに撮れなくて残念。やっぱり晴天だと腕の悪さをカバーしてくれます。。
ミセスマックォリーズチェアはもう少しだけ先で、やや上ったところにありました。
なぜか韓国人の旅行客が腰かけてスナックを食べていて全然動いてくれず、写真は取り損ねました。。
「イス」って感じではなく、より自然な作りでした。

ボタニックガーデンに抜ける道が更にその先にあって、売店もありました。軽食も売っていましたがとりあえずお水を買って、また一休み。
地図上では平らに見えるんですが、 車が通れる道路はボタニックガーデンより高い位置にあるので、ミセスマックォリーズチェアの辺りから右寄りに下がって行かないと、そのまままっすぐハイドパークの方へ行くようになります。たぶん、途中で降りられるようになっているとは思います。

売店
青い建物が売店です。

帰りは、今来た道を戻るのではなく、ボタニックガーデンを抜けてハイドパーク方面に戻れる道があるので、そこを通ることにしました。
それでもあと15分は歩くし、そこからホテルに戻るとなると合計30分以上は歩きそう。。
車は通っているから、道路はもう封鎖されていない様子なので、タクシー来ないかなぁと思いながら歩いていると、バスが止まっていました。
カメラの望遠で(笑)番号を見ると、441と書いてあります。
そう言えば、調べている時にバスも通ってるらしいと思ったんですが、タクシーで来る気でいたので、細かく調べていませんでした。

バスの運ちゃんに、乗って良いか聞くと3分で出発するとのこと、良かったぁ。
・・・でこれってどこ行き?と尋ねると、終点の地名プラス、QVBを通るよ、と教えてくれたので、にぱーっと笑顔でお礼を言って席に腰かけた私。いやぁ助かった~
ふと、セントラルに行くなら、チャイナタウンに行けると思ったんですが、そっちの方には行かないとのこと。

バスはセントメアリー大聖堂の裏手に出て、ハイドバークの横を通りQVBの裏側のバス停に到着。一応ブザー鳴らしたんですが、メインのバス停だから押さなくても絶対止まるんですよね。。

441のバス

帰国後に調べたら、バルメイン行きのバスでした。
平日は20分間隔、土日は30分間隔で走っているので、時刻表はチェックして行った方が良さそうです。

【ドメイン付近のざっくりMAP】

ドメイン付近のざっくりMAP
※クリックすると大きな画像が開きます

私は乗らなかったので、詳細がわからないですが、行きに利用するならQVBからCity and Art gallery行きの441に乗ると思います。Balmain行きだと遠ざかっていくので注意。あと、QVB止まりのものもあるので、ArtGalley行き、がポイントのようです。

ページ上部へ

フィッシュマーケットへ

午後の予定も、フィッシュマーケットにするかチャイナタウンに行くか、どうしようかなぁと思っていたんですが、辿り着いたバス停が、ちょうどフィッシュマーケット行きのバス停の隣だったので、そのままバスを待つことにしました。
と言うか、ちょうどいたんですよ、443がっ!!でも走れない状態の私は、閉まるところだったので諦めました。がんばれば乗れたんですけどねぇ。そしたらすっごく良いタイミングでした。
しかし、次のバスは20分後・・・のはずがなぜか来なくて、結局40分後でした。20分間隔のバスで1本飛ばしってアリ!?でもシドニーではたまにあります。。

バスでの行き方

QVBの裏手から443に乗ると、走り出して少しすると右手にダーリングハーバーが見えて結構キレイです。
その後右左右って感じでちょろちょろっと曲がり、ハリスストリート(Harris St)に出ます。
この通り沿いに、バス停があるので、外の景色を良く見ておいてください。フィッシュマーケットより1本ずれた道だし、特に看板も出ていないので、降りるバス停を見つけるのは結構難しいです。参考までに、交差点の写真載せておきますが、バスの運ちゃんにフィッシュマーケットに行くから教えてと伝え、運ちゃんの近くに立っているのが無難です。
※カーブや曲がり角が多いので、運ちゃんによってはすごく揺れます!立ってる場合は、がっしり、しっかりつかまっててくださいね!

フィッシュマーケットの最寄りのバス停付近
フィッシュマーケットの最寄りのバス停付近

左側の建物のアップ
左側の建物のアップ

右側の公園(?)のアップ
右側の公園(?)のアップ

地図上では、右側が公園っぽくなってるんですが、ちょっと緑があるだけのエリアです。斜めに交差している感じと、左側の建物が目印で、この交差点を見たらボタンを押せば、渡ってすぐがバス停です。
フィッシュマーケットはこの写真の左手にあるので、進んでいくと、水色の建物の一部が見えてきます。

ページ上部へ

フィッシュマーケットでランチ

シドニーに来るたびに来ているフィッシュマーケット^^;
バスですぐだし、とりあえず寄ってしまいますねぇ。しかしすごい混雑でした。

フィッシュマーケット
フィッシュマーケット

入ってすぐのお店
入ってすぐのお店は大盛況!
中のお店も大混雑
中のお店も大混雑!

お買いもの用のお魚
お買いもの用のお魚がキレイに並んでいます
お買いもの用のお魚

食材としてのお魚を買うコーナーはすいてるんですが、調理されたもの売ってるコーナーは大混雑でした。
14時ごろ行ったはずなのに、どの席も埋まっていて、カウンター前は通り抜けるのも一苦労なくらい混んでいました。本当は写真で撮ったお店のどちらかで買うつもりだったんですが、あまりの混雑っぷりにフラフラとすいている方向に抜けて、全然違うお店で買っちゃいました。

SUSHI BARと看板が出ていました。かなり大きなFish&Cipsだったので、食べきれないくらいでした。
食事について」のページでも紹介してますが、半分残して夜食べるつもりだったので、すごいボリュームになってしまいました(笑)

SUSHI BARフィッシュアンドチップス

パンやさんや、ワイン売り場もあるし、加工した食品も売ってるから、ここでもお土産買えます。入口には料理道具とか売ってるので、私は鳥の柄の紙ナフキンを母に買いました。
紙ナフキンって日本じゃあまり使わないから、軽くて良いけどあまり喜ばれないお土産なんですよね~。でも柄がすごくキレイだったので、母ならお客さん来た時に強制的に使わせればいいやと(笑)

ページ上部へ

ホテルへ戻る

遅めのランチを食べて、少しお店を見て歩いた後は、またさっき来た交差点に戻り、反対側にあるバス停から443に乗ってシティに戻りました。
ケントストリートの方に出たんですが、QVBの1個手前にもバス停があって、たまたま誰かボタンを押していたので一緒に降りました。
よりホテルに近いのでちょっとだけ楽できました。

最終日だと言うのに、もう腰が限界!!悔しい~~。やはり日ごろからちゃんと運動しておかないといけませんねぇ。ぎっくり腰にならなようにホテルに戻り、部屋でまたまたテレビを見て過ごしました。

そうそう、前の日部屋に戻った時になぜか部屋のドアの前に食べかけのケーキが置いてありました。なんか気持ち悪いけど、今日部屋を掃除する時に片付けてくれるだろうと、朝もそのままにして出て行ったんです。
そしたら、戻ってきてもまだそのケーキがドアの前にあります!廊下に置いてあるケーキをまた食べるわけないんだし、片づけてくれれば良いのに~~。
よし、フロントに言って来よう。そう思ってスマホで撮影していたら、タイミング良くルームキーピングのスタッフが歩いていました。
すかさず声をかけ、「食べかけのケーキがあるけど、私のじゃないの」と伝えると、「誰か置いて行ったのね、片づけましょうか。」と言うことで持って行ってもらいました。言われなくてもやって欲しいんですけどね。フロント、エントランス、ルームキーピング、と3個重なるとここのホテルはイマイチだったなってなりますね。。

さて、気を取り直して夕飯です。といっても残り物のFish & Chips。よく考えたら、最後の夕飯なのに、残り物(笑) しかも時間がたった揚げ物はオイリーで・・・半分しか食べられませんでした。

休憩したから少し元気になったので、最後にもう1回カジノに行っちゃおうかなぁ、と思ったんですが2回すってるし(T T)今回は運がないんだろうと、諦め荷造りをしました。
お湯をためてお風呂につかり、明日の4時起きに備えて10時に就寝して、シドニー最後の夜は終わってしまいました。

Googleのマイマップ
GoogleMAP
この旅で訪れた場所をまとめてあります。もし興味のある場所がありましたらチェックしてみてくださいね♪

【ご注意ください】
2014年にバスの路線などが大幅に変更されたようです。
ライトレールの工事をしているようで、ジョージストリートを走るバスがなくなったりしているようです。工事に連動してどんどん変更されることが予想されますので、ご旅行の際は公式サイトで最新の情報をご確認ください。(2016/1/4追記)

[ ※このページの情報は2012年8月現在の内容です ]

良かったら拍手お願いします♪詳しくはこちら

もしも「おもしろかった」とか「なかなか役に立ったぞ」と思っていただけたら、ポチっと押してくださいませ♪更新作業の励みになります(^ ^)

ページ上部へ

Wnize オーストラリア ワーキングホリデー体験記

Copyright © wnize. All Rights Reserved.

【ワーホリ関連】

ワーホリ関連情報 | ワーホリ体験記

【オーストラリア旅行記】

2005年 | 2007年 | 2012年